コラム

相続手続きにはどのような戸籍が必要ですか?

なぜ戸籍謄本を集める必要があるかというと、相続人が誰になるのかを正確に把握するためです。 実は、亡くなった父は再婚で、前妻と子供がいることが戸籍を集めることで発覚した!などということも少なからずあります。 このような場合…

続きを読む

相続人以外の人や団体に財産を渡したい方

最近のご相談で増えてきているのが、 「自分が死んだ後は、お世話になった仲の良いご友人に財産を渡したい」とか、 「社会貢献をしている団体に財産を寄付したい」、といったご相談です。 このようなお考えをお持ちの人は、遺言書を作…

続きを読む

相続人が外国にいる場合の相続

息子さんや娘さんが海外で生活している、というご家庭も今では珍しくありません。 短期の出張などであれば住所を移すことはないでしょうが、数年単位の比較的長期の転勤や、将来的には国籍の取得を考えているような方は住所を移すことも…

続きを読む

相続放棄はどんな手続きですか?

相続により取得する財産は、プラスの財産(不動産・預貯金等)だけではありません。借金などのマイナスの財産も相続財産に含まれます。 つまり、被相続人(亡くなった人)が多額の借金を抱えていた場合、相続人はその借金を返済する責任…

続きを読む

民法改正で自筆証書遺言はどう変わる?

現在改正案が議論されている民法ですが、この議論の中に自筆証書遺言に関する事項も含まれています。 主な改正点は次の3点です。 1、自筆証書遺言の方式の緩和 2、法務局による遺言書の保管制度の創設 3、検認手続きが不要になる…

続きを読む

公正証書遺言の作成はこんな段取りです

もっとも確実で、安心できる遺言書を作りたいという方は、公正証書遺言を作成しましょう。 公正証書遺言とは、 ・遺言者が遺言の内容を公証人に口述し、 ・これを公証人が筆記して遺言書および証人に読み聞かせて、 ・遺言者および公…

続きを読む

遺言書の記載事例(2)

遺言書の作成にあたって、個別の財産一つ一つについて行き先を決めて、 ① 自宅の土地建物は妻 ② 賃貸アパートは長男 ③ 定期預金は長女 などと指定する方法もありますが、 「遺産の全体に対して割合を決める」という遺言も作れ…

続きを読む

遺言書の検認はどんな手続き?

遺言書は、「自筆証書遺言」・「公正証書遺言」・「秘密証書遺言」の3種類に分けられます。 この3種類の遺言のうち、公正証書以外の遺言書がが見つかったときは、遺言書を家庭裁判所に提出して「検認」の手続きをしなければなりません…

続きを読む