相続の専門家として「相続手続きと対策」を総合的に支援します

ライフパートナーズ
行政書士事務所

〒983-0838 仙台市宮城野区二の森2-20
木皿ビル1階
(七十七銀行幸町支店向い) 

個別相談予約専用ダイヤル

0120-668-130

予約受付時間 AM9:00~PM6:00
ご相談は予約制となっております。
土日のご相談も可能ですので、お電話にてご予約ください。
事務所電話番号(代表)022-355-7023

相続の専門家として
「相続手続きと対策」を
総合的に支援します

ライフパートナーズ
行政書士事務所

〒983-0838
仙台市宮城野区二の森2-20
木皿ビル1階
(七十七銀行幸町支店向い) 

個別相談
予約専用ダイヤル

0120-668-130

予約受付時間 
AM9:00~PM6:00

ご相談は予約制となっております。

土日のご相談も可能ですので、お電話にてご予約ください。

相続手続きはもちろん、老後の財産管理・生活支援対策もお任せ下さい

相続・相続対策の専門家として、相続手続きの総合的なご支援はもちろん、お客様ご自身も、
そしてお客様のご家族も笑顔になれる相続、相続対策をご提案いたします。
また、お客様のお考えになる「老後のライフプラン」実現のために、任意後見契約や財産管理委任契約、
家族信託などの制度を活用して、お客様が安心できる老後の財産管理、生活支援のお手伝いをさせていただきます。

主な取扱業務

握手のフリーアイコン

遺産相続手続き

ペン付きの書類アイコン

遺言書の作成

天使のフリー素材3

相続対策サポート

介護のピクトグラム

成年後見

家のアイコン素材

不動産コンサル

IMG_0494-1

行政書士
鴇田誠治(ときたせいじ)

ごあいさつ

ライフパートナーズ行政書士事務所は、お客様の生活を「法的側面」からサポートすることで、日常の生活を充実させ、安心感や幸福感、そして生きがいをもって生活を送っていただく、QOL(Quality of Life クオリティ・オブ・ライフ)の向上を実現するための「一生涯のパートナー」でありたいと考えています。
お客様に寄り添い、お客様の生活をより豊かにするお手伝いをさせていただくことを通じて地域社会に貢献する行政書士事務所を目指します。

お知らせ

ライフパートナーズ行政書士事務所からのお知らせです。

遺産分割協議はどのように行えばいいですか?

遺産分割協議はどのように行えばいいですか?

遺産分割協議とは 遺産分割協議とは、亡く...
確かな遺言書を自分で作るための財産調査のポイント

確かな遺言書を自分で作るための財産調査のポイント

遺言書には自筆証書遺言と、公正証書遺言書...
こんなときの法定相続人と法定相続分は?

こんなときの法定相続人と法定相続分は?

相続手続きをするときも、相続対策をすると...

コラム

ためになる情報をコラム形式で掲載して参ります。

遺産分割協議はどのように行えばいいですか?

遺産分割協議とは 遺産分割協議とは、亡くなった人の遺産について、「誰が・どの財産を・どのくらい」取得するか(遺産分割)について、相続人が話し合う(協議する)ことです。 遺産には、現金や預金ばかりでなく、不動産(土地・建物)や自動車・貴金属・家財道具などの動産、貸付金などの債権、そしてこれらプラスの財 ...
続きを読む

こんなときの法定相続人と法定相続分は?

相続手続きをするときも、相続対策をするときも、あらかじめ確認をしなければならないのが「法定相続人は誰か?」ということと「それぞれの法定相続分はどうなるか?」です。 相続人でもない人を遺産分割協議に参加させて、遺産分割協議書を作ってこられたお客様も以前いらっしゃいました。 ※ 相続人以外の人が参加して ...
続きを読む

相続放棄と相続税の関係

相続放棄の方法などについては以前、「相続放棄はどんな手続きですか?」にて取り上げましたが、相続放棄をした場合、相続税とは無関係になるのでしょうか。 相続放棄と基礎控除 相続税を計算する場合において、相続税の課税価額から[3000万円+(600万円×相続人の数)]で計算された金額を控除します。 ここで ...
続きを読む

自宅の土地建物の遺産分割 その注意点は?

父が亡くなり、相続人は母と長男である私A、それからすでに嫁いでいる姉Bの3人です。 父の遺産は、自宅の土地建物しかなく、この自宅には、私A(長男)の家族と母が住んでおり、姉B(長女)は、姉の夫名義のマンションで別に暮らしています。 母は、私Aが相続するように言ってくれています。 姉Bも、以前は「遺産 ...
続きを読む

遺言書を見つけた後の対応を教えて下さい

先日、父が亡くなって遺品を整理していたら自筆の遺言書がでてきました。 相続人としてどんな対応が必要ですか? まずは検認の手続きを 公正証書以外の遺言書(基本的には「自筆証書遺言書」)を保管していた人や発見した相続人は、遺言書を書いた人の死亡知ったなら、なるべく早く、遺言書を家庭裁判所に提出して、遺言 ...
続きを読む

債務の相続と遺産分割

ある人が亡くなって相続をするときに、相続人はプラスの財産(権利)ばかりでなく、借金などのマイナスの財産(義務)も相続します。   借金を相続した場合は、相続人はその借金を被相続人に変わって返済していかなければなりません。   それでは「誰が相続して返済していくのか」といったことを ...
続きを読む

相続手続きや遺言、任意後見に関するご相談はどんなことでも初回無料です!